長崎県の小学校でノロウイルスの集団感染


10月30日に長崎県大村市の小学校で77人が発熱や下痢などの感染性胃腸炎の症状を訴えたため

検査を行ったら、ノロウイルスが検出されました。

今月に入ってからも25人が症状を訴え欠席しました。

10月26日から発熱や腹痛で欠席する児童が増えていたようで、

二次感染での拡大の可能性が高く学校の対応が遅れていた模様です。

特に子供や老人は感染しやすいため普段から手洗い、うがいを

徹底させる必要があります。

特に子供はどこを色々なところを触っているので最初の感染源を特定するのは

非常に難しいと思います。

普段から周りの大人が注意をしていかないとすぐに二次感染を起こしてしまうようです。

普段からの手洗い、うがいの徹底と塩素での消毒を意識しましょう。


『ソリューションウォーターでノロウイルス・インフルエンザ感染予防対策』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です