ソリューションウォーターの安全性


■次亜塩素酸の乖離(かいり)曲線から解る塩素の働きの違い


次亜塩素酸の乖離(かいり)曲線


・PHの違いによる塩素の働きの違い

従来使用されてきた「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」は、除菌力の主成分となる「次亜塩素酸」の塩素濃度が10%~20%しか含まれていないため、塩素濃度の割には除菌効力が低いものでした。「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」のpHを弱酸性にすることで、「次亜塩素酸」の含有比率を多くし、除菌、除菌力の高く安全なもの。それが『ソリューションウォーター』なのです。

Aの領域のだと漂白作用はあるが除菌、除菌力は小さく、さびの原因にもなります。
Cの領域は人体に害を及ぼしとても危険です。
BのPHの領域で作っているため除菌効果が高く残留性も少なく、人体に安全なのです。


■ソリューションウォーターの基本安全性


危険有害性有害性物質
緊急時対策吸引無反応・応急手当不要
皮膚との接触無刺激・応急手当不要
飲み込み無毒・応急手当不要
消防対策適当な消火物不燃焼・不要
特定危険なし
安定性及び反応性回避すべき条件直射日光や有機物混入を避ける
回避すべき材質なし
分解で生じる有害物なし
毒物学的情報急性毒性なし
接触点に対する影響なし
特定影響なし
その他廃棄に対する配慮特別な廃棄の必要はなし
運送特別な廃棄の必要はなし


『ソリューションウォーターについて』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A


・ソリューションウォーターRは日通商事株式会社の商標登録です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です