ノロウイルスの治療について

ノロウイルスの治療について

ノロウイルスの治療に関して2015年現在では、ワクチンや抗ウイルス剤などがないため、症状を和らげるための治療が主な対応になります。

また、下痢止めなどは菌を体外に排出するのを止めるためにオススメできません。

また、ノロウイルスかどうか調べるには、費用がかかるため、特に一般の治療では検査は行っておりません。

Q11 診断のためにどんな検査をするのですか?
A11
 通常の場合、臨床症状や周囲の感染状況等から、総合的にノロウイルスを原因と推定して診療がなされていることが多いと考えられますが、このウイルスによる病気かどうかは、臨床症状からだけでは特定できません。
 「ノロウイルス抗原検査」は、ふん便中のノロウイルスを検査キットで検出するもので、3歳未満、65歳以上の方等を対象に健康保険が適用されています。医療機関で、医師が医学的に必要と認めた場合に行われ、診断の補助に用いられます。なお、この検査は、結果が早く出るメリットがありますが、ノロウイルスに感染していても陽性とならない場合もあり、ノロウイルスに感染していないことを確かめることはできません。
 より確実な検査方法は、ウイルス学的な診断です。患者のふん便や吐ぶつを用いて、電子顕微鏡法、RT-PCR法、リアルタイムPCR法などの遺伝子を検出する方法でウイルスの検出を行い、診断します(リアルタイムPCR法ではウイルスの定量も行うことができます)。ふん便には通常大量のウイルスが排泄されるので、比較的容易にウイルスを検出することができます。こうした方法による検査は、通常、医療機関で行うことはできず、食中毒や集団感染の原因究明などの目的で、行政機関や研究機関等で行われています。

厚生労働省のホームページよりノロウイルス診断・検査について

基本的に安静にして自宅治療での対応になるので、ノロウイルスにかからない様に対策をしましょう!


『ソリューションウォーターについて』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

ノロウイルスの症状について

ノロウイルスの食中毒による主な症状

吐き気、嘔吐、発熱、腹痛、下痢、嘔吐下痢に伴う脱水症状などがあげられます。

症状は人によって差があります。たとえば、少しの腹痛や微熱で終わる人や、

高熱が出て、下痢・嘔吐が止まらない人や、少し下痢気味の症状が出るだけの人もいます。

ただ、期間的には短期間で症状がなくなることがほとんどです。

ノロウイルスの検査をしない限り普通の食中毒と何ら変わりがありません。

ただ、ノロウイルスの場合少しの数で感染の症状が出るので、感染力が強く他の人に映らない様に気を付けることが必要です。

ちなみに一般家庭においてノロウイルスかどうかを検査する必要はあまりないかと思います。

二次感染における対応は食中毒は基本的に同じですし、特に薬などがあるわけではないので、脱水症状に気を付けて、

嘔吐物の処理は塩素を使って行いましょう。

ノロウイルスの対策に関してはソリューションウォーターをお勧めしております。

ソリューションウォーターについて

また、ノロウイルスに感染した場合、水分補給をする際にはペットボトルのキャップ程度の量を少しずつ補給しましょう。

焦って大量に水分補給するとそのまま嘔吐してしまう場合があります。


『ソリューションウォーターについて』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

なぜ冬は感染症が流行するのか? 冬の空気とウイルス感染の関係

東日本・西日本を中心にエルニーニョ現象の遠隔結合などによる暖冬が予想されるなか、11月も暖かく経過しましたが、それでも冬は感染症の流行が最も起こりやすい季節です。事実、今冬もすでにRSウイルス感染症やマイコプラズマ肺炎などの「呼吸器感染症」を中心に感染の報告数が増加しています。

今年は新型のノロウイルスの感染拡大が取り上げられてましたが、その他の感染症も対策が必要ですね。

◆日本の冬:太平洋側と日本海側の天候
12月上旬~1月下旬までの「旬ごとの相対湿度(%)」を平年値(1981~2010年の30年平均値)で見ると、東京は順に「59→55→53→52→54→51」といった具合に、徐々に乾燥が進行しています。

一方、同じ期間の新潟は「73→73→72→72→72→73」のように、ほぼ一定の高い値を維持しています(以上、気象庁の観測による)。ただし、このデータから「日本海側の冬は多湿なので」と話を進めるのは短絡的です。私たちの生活空間は、その多くが「暖房の効いた室内」であることを考慮する必要があります。
◆冬の室内には太平洋側も日本海側もない!
そこで、太平洋側と日本海側の冬の空気を「同じ条件」で比較してみましょう。例えば、外気を室内に引き入れて25℃に暖めたと仮定すると、それぞれの相対湿度(%)は、東京が順に「21→18→16→15→15→14」となります。

同じく新潟は「23→21→19→18→17→17」となって両者の違いはほとんどなくなり、ともに20%を下回る「非常に乾燥した空気に変質」します。つまり、「生活空間」については太平洋側も日本海側もなく、「冬を迎えれば一様に乾燥する」ことがわかります。

引用元:なぜ冬は感染症が流行するのか? 冬の空気とウイルス感染の関係

冬は乾燥すると予行効くと思うのですが、乾燥の原因として暖房があげられます。湿度自体は大きくは下がってないのですが、暖房を使うことで湿度が下がり感染しやすくなっています。
ですので建物の中こそ、空気感染、飛沫感染の対策をより行わないといけません。むしろ換気をすることで気温が下がるので換気も適度に行うことが重要なのです。
また、湿度低下による喉の気道粘膜の防御機能が低下により感染しやすくなってます。マスクをすることでその機能をあげることも可能ですので、外よりむしろ中でのマスクが重要なのです。


『ソリューションウォーターについて』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

ソフトバンク8人が胃腸炎で合宿所閉鎖

ソフトバンクは10日、西戸崎合宿所(福岡市東区)で生活する若手の8選手が「感染性胃腸炎」と診断され、感染の拡大防止のために同合宿所を11、12日の2日間閉鎖すると発表した。選手らは10日朝に腹痛や下痢の症状を訴え、同市内の病院で検査を受けた。

 球団が保健所に検査を依頼した結果、ノロウイルスなどは検出されず、食中毒でもなかったという。閉鎖期間は同合宿所で生活する選手は外出禁止とし、室内練習場の使用も停止する。球団広報は「毒性が強いものではなかったことが不幸中の幸いだった」と話した。同合宿所では若手のほか、優勝旅行に不参加の1軍選手らが練習していた。

引用元:ソフトバンク8人が胃腸炎で合宿所閉鎖

ノロウイルスではなかったみたいですが、集団での感染性胃腸炎というのは気になりますね。
胃腸炎であってもノロウイルスであっても行う感染対策は同じでよいと思ってます。
常に最上級の衛生管理を行うように心がけましょう!

※仕事上でノロウイルスであるかどうかの検査は必要なときがあります。ノロウイルスであるとわかったスタッフは必ず自宅待機で感染拡大を防ぎましょう。家庭内での感染性胃腸炎である場合はノロウイルスかどうかの検査は必要ないと思っております。安静にして消毒、加湿で感染拡大を防ぎ、早く体内の菌を排出、退治していくことが重要です。


『ソリューションウォーターについて』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A