都内に流行警報発令! ノロウイルス感染に要注意

都内に流行警報発令! ノロウイルス感染に要注意

東京都福祉保健局は、感染性胃腸炎の患者報告数が流行警報基準を超えたことをうけ、流行警報を12月5日に発表した。同局によると「今年も例年通り、患者報告数が増えています。例年12月に最も多く、1月いっぱいまでは特に気を抜けません」という。

ノロウイルスといえば、2006年、2012年には大流行し、お世話になったという人も多いのではないだろうか。患者者数の推移は同局の発表資料をみると明らか。年末であわただしいこの時期が危ないのだ。

感染性胃腸炎は、ノロウイルス等の微生物を原因とする胃腸炎の一種で、人の便や嘔吐物などを経由して感染するほか、ノロウイルスを取り込んだカキなどを生や不十分な熱処理で食べた場合に感染する。感染すると、腹痛・下痢、嘔吐、発熱などの症状に襲われる。激しい吐き気や嘔吐などで、脱水状態に陥りやすいことも特徴だ。今シーズン(9月2日以降)は、すでに都内で46件の集団発生が起きており、社会福祉施設でも一層の予防が求められている。

「ノロウイルスは、ごく少量でも感染しやすいウイルスです。床の吐瀉物の処理が適切でないと、乾燥した飛沫が空気感染するので注意してください。また、症状が治りかけも油断できません。トイレの後の手洗いや、少量の吐瀉物でも処理を徹底してください」(東京都福祉保健局)

手洗いについては「施設入口にあるアルコール除菌スプレーや除菌ウェットテッシュには注意してください。ノロウイルスに対しては効果がないことがあります。石鹸やハンドソープによる手洗いを徹底してください」(同)と、注意が必要のようだ。
以上、『yahooニュースより』


『ソリューションウォーターでノロウイルス・インフルエンザ感染予防対策』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

感染性胃腸炎、首都圏で警報値超え続出-教育施設に注意喚起も

ノロウイルスなどの感染によって、嘔吐や下痢といった症状を伴う感染性胃腸炎の患者報告数が、首都圏で急増している。東京都内の11月25日―12月1日の報告数は、前週に比べて大幅に増加し、警報基準値を超えた保健所が続出。東京に隣接する埼玉県内でも流行の拡大が続き、川口保健所で警報基準値の2倍を超える報告数を記録。川口市は「今後、市のホームページなどで予防策の周知を図りたい」としている。

 都がまとめた11月25日―12月1日の週の患者報告数(小児科定点医療機関)は、定点医療機関当たり15.12人で、前週に比べて70%増えた。保健所別では、前週比2.5倍の報告数を記録した北区が最多で32.71人。荒川区や葛飾区、江東区、足立など計9保健所で警報基準値(20.0人)を超過した。

 埼玉県の報告数は、前週比80%増の19.42人。保健所別では、川口で50.53人を記録したほか、さいたま市や朝霞でも20人を超え、警報基準値を上回った。神奈川県川崎市でも一部の地域で基準値を超過。同市は「11月以降、報告数が急増している」として注意を呼び掛けている。

 患者数の増加に歯止めがかからない自治体がある一方、集団感染が発生しやすい教育施設に注意喚起を行い、まん延防止につなげた自治体もある。八王子市は、保育施設や学校、高齢者施設に対し、手洗いなどの感染防止策の徹底を呼び掛けたところ、これまで上昇傾向だった報告数は、前週と同水準にとどまったという。

 国立感染症研究所によると、感染性胃腸炎の報告数は11月に入ると急増し、12月中にピークを迎えるという流行を例年繰り返している。ほとんどがノロウイルスやロタウイルスなどが原因とされ、患者との接触に加え、嘔吐物や便を介して感染するため、予防には手洗いの励行や、嘔吐物などの適切な処理が求められている。

以上、『yahooニュースより』


『ソリューションウォーターでノロウイルス・インフルエンザ感染予防対策』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

ノロウイルスなどの感染性胃腸炎、96%は自宅治療も可能。その対処法は?

毎年12月から2月頃には、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が多く発生する。12月2日にも千葉県の小学校にて、児童と職員200人が集団感染によっておう吐や発熱を発症した。特にノロウイルスは小児で重症化する恐れがあるが、患者の96%は点滴なしで自宅治療が可能ということは、あまり知られていない。

○1週間の患者数は2万1,088人にも

2013年の全国速報値での感染性胃腸炎報告数は、11月11日~11月17日の時点で1万8,096人だったのが、11月18日~11月24日の時点では2万1,088人になっており、週を追うごとに患者数は拡大している。そもそも感染性胃腸炎とは、ノロウイルスやロタウイルスなどのウイルスや、病原性大腸菌やコレラ菌などの病原体によって起こる消化器症状の総称。年齢によって発症する傾向が異なり、特にロタウイルスでの発症は新生児・乳児に多い。

済生会横浜市東部病院 小児肝臓消化器科の十河(そごう)剛副部長によると、感染性胃腸炎は通常2週間以内に自然治癒し、おう吐のピークは長くて2~3日(通常は1日)、下痢のピークは長くて1週間(通常は2~3日)という。特に新生児や乳児は大人よりも重症化する傾向があり、感染性胃腸炎の中でも感染力の強いノロウイルスはより注意が必要となる。

○脅威はウイルスよりも脱水症

「ノロウイルスそのものが、殺傷性の高いウイルス」と認識している人も少なくないが、十河副部長によると、感染性胃腸炎による死亡はウイルスそのものではなく、激しいおう吐・下痢によって陥る、深刻な脱水症状が原因になっているという。

現状、ノロウイルスを消滅させるような特効薬はないため、おう吐・下痢によってウイルスを排出しなければならない。その際、身体にとって不可欠な水分やナトリウム、カリウムなどの分解質も同時に排出されてしまうため、おう吐・下痢で失った分を補給することが必要となる。新生児や乳児が重病化しやすい理由はここにある。

34歳・体重60kgの成人の場合、体重の約4%(細胞外液の約21%)の水が1日に身体に入って出て行くが、6カ月・体重8kgの乳児は通常、体重の約14%(細胞外液の約46%)の水が1日に身体に入って出て行くこととなる。つまり、新生児・乳児は成人に比べて、病的状態下で摂取水分量の低下、排泄の増加が容易に起こりやすいため、成人よりも脱水症になりやすい。

○点滴の前に経口補水療法を

実際、感染性胃腸炎になったらどうしたらいいのか。小児緊急患者の受診は年々増えているが、十河副部長によると、おう吐・下痢を起こして救急を受診する子供のほとんどは、脱水症を起こしていたとしても重度ではなく中程度だという。その場合、96%は経口補水療法が著効し、点滴ではなく自宅で治療が可能となる。

ただし、以下のような症状の場合は、感染性胃腸炎以外の病気が疑われるため、救急を受診する必要がある。

・明らかな血便、黒色便が見られる
・黄色、緑色の液体を吐く
・意識障害(刺激をしてもすぐに寝てしまう、抱きつく力もなくなる、けいれんなど)
・間欠的な激しい腹痛、若しくは間欠的に激しく泣く

では、経口補水療法とはどのようなものか。経口補水液は、水分に電解質(塩分)、糖質が一定の割合で含まれているドリンクで、治療中は特に食事を制限する必要はない。「泣いても涙があまりでない」「よだれが少ない」「排尿が少ない」「水を欲しがる」などの症状がある場合、3~4時間間隔で経口補水液を摂取させる(摂取量の目安は、体重(kg)×50~100ml)。上記の症状がない場合は、おう吐・下痢の都度に経口補水液を摂取させる(体重10kg未満なら60~120ml、体重10kg未満なら120~240ml)。

経口補水液をおう吐するような場合でも、脱水症対策のために少量ずつ飲ませる必要がある。また、経口補水液はゼリータイプのものもあるので、症状を見ながら使い分けてみるといいだろう。経口補水療法がそれほど奏功しない場合や、おう吐・下痢が頻回かつ多量の場合は、医師の診察を受けるようにしよう。

ノロウイルスなどの感染性胃腸炎では、おう吐・下痢のピークを脱水にならないようにどう乗り切るかがポイントなる。特にノロウイルスは感染力の強いウイルスなので、緊急の状況でなければ安易に外出せず、自宅で対処することも大事といえる。症状を正しく見極め、患者にとっても負担にならない適切な治療ができるように備えておこう。

以上、『yahooニュースより』


『ソリューションウォーターでノロウイルス・インフルエンザ感染予防対策』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

集団感染が続々…間違いだらけの「ノロウイルス対策」

寒い季節になり、各地でノロウイルスの集団感染が相次いでいる。22日、「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」の客181人が下痢などの体調不良を訴え、89人からノロウイルスが検出されたことが発覚。女子栄養大坂戸キャンパスでは学生と教職員計146人が感染し、奈良大付属幼稚園でも4~6歳の園児28人が嘔吐(おうと)や腹痛を訴え、2人からノロウイルスが検出されている。

今のところ重症患者は出ていないが、激しい下痢や嘔吐による脱水症状で死亡するケースもある。抵抗力が弱い子供や高齢者だけでなく、体力がある若者も感染するから油断できない。東京顕微鏡院理事の伊藤武氏(麻布大学客員教授)が言う。

「ノロウイルス感染が12~1月の冬季にピークを迎える理由は、はっきりとは分かっていません。ただ、ノロウイルスは高温に弱いため、夏場は2~3日で死滅しますが、冬場は1~2週間も生き続けるケースが確認されています。長く生きる分だけさまざまな場所へ拡散し、感染する確率が高くなると考えられます」

 ノロウイルスは抗生物質が効かず、有効なワクチンも開発されていない。感染しないためには日頃の予防が重要になるが、多くの人は誤った対策を実践しているという。

 ノロウイルスは直径約38ナノメートルと非常に小さく、インフルエンザウイルスの3分の1程度の大きさしかない。その分、手の細かいシワの間などに入り込みやすく、少し手を洗ったぐらいでは落としきれない。

 おまけに感染力が強く、10~100個ほど口に入っただけで感染が成立する。食中毒を引き起こすサルモネラや腸炎ビブリオは10の4乗~5乗個が入らなければ感染しないことを考えると、驚異的だ。

 こうしたノロウイルスの特徴を踏まえ、誤った対策と正しい対策を伊藤氏に詳しく聞いた。

■アルコール消毒=×

 飲食店やオフィスビルの出入り口やトイレの洗面台などに、消毒用アルコールのポンプが設置されているケースが増えているが、大きな効果は期待できない。

「インフルエンザウイルスなど多くのウイルスには〈エンベロープ〉と呼ばれる外側を覆う膜があります。エンベロープは脂質性でアルコールによって破壊されやすく、壊せばウイルスは機能しなくなります。しかし、ノロウイルスにはエンベロープがないため、アルコールでは十分に効かないのです」
※除菌には次亜塩素酸ナトリウムを使うと有効です。

■マスク=×

 ノロウイルスは接触感染が圧倒的に多い。インフルエンザのような飛沫(ひまつ)感染ではなく、ノロウイルス患者や保有者の手や指などを介し、ドアノブや手すりにウイルスが付着。それに触れた人の手に付いたウイルスが口に入るなどして感染する。マスクは吐物からの感染予防には大切だが、日常的には効果が薄い。

■30秒以上の手洗い=○

 アルコールではウイルスを完全に殺すことはできないからせっけんで泡立て洗い流す。シワの間にまで付着しているウイルスを落としきるために、流水で30秒以上の手洗いを心がける。

■加熱=○

 ノロウイルスは高温に弱い。ウイルスを保有しているかきなどの二枚貝は85~90度で90秒以上、加熱すればウイルスは死滅する。

■ラクトフェリン=○

「ヒトの母乳に多く含まれるタンパク質で、免疫力をアップさせる。また、ノロウイルスが腸管細胞に付着することを防ぐ効果があると注目されています。抗菌作用もあり、感染をダブルで抑制できるという報告もあります」

ラクトフェリンは、ナチュラルチーズや牛乳にも含まれ、ラクトフェリン入りのヨーグルトもある。体の外からも中からもノロウイルスの感染を防ぎたい。

以上、『yahooニュースより』


『ソリューションウォーターでノロウイルス・インフルエンザ感染予防対策』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A