キャナルで集団食中毒の原因は長崎の店でした。

先日、福岡市を修学旅行中だった鹿児島市の中学生らが、嘔吐などの症状を次々と訴え、あわせて40人が病院に運ばれました。

実際にノロウイルスは体内に入り込んでから0~24時間程度の潜伏の期間があるので、食べた後にすぐに症状が出たりしません。
すぐに症状が出ないため常に衛生管理には気を付けましょう。

福岡市を修学旅行中だった鹿児島市の中学生らが、23日に集団で食中毒になった問題で、保健所は27日、長崎市内のレストランが原因だったと発表しました。23日夜、福岡市のキャナルシティ劇場で、修学旅行で訪れていた鹿児島市の中学生らが嘔吐などの症状を次々と訴え、あわせて40人が病院に運ばれました。このうち4人からはノロウイルスが検出されていました。修学旅行生たちは前日の昼に、長崎市の中華レストラン「龍宴」で昼食をとっていて、長崎市が調べたところ、店の従業員2人から症状が出た人と同じ遺伝子型のノロウィルスが検出されたということです。従業員の手洗いが不十分だったとみられ、長崎市は生徒らが食べた皿うどんなどが食中毒の原因と断定し、レストランを3日間の営業停止処分としました。

ニュースについてはこちらから
【福岡】キャナルで集団食中毒 原因は長崎の店


『ソリューションウォーターについて』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

HACCP(ハセップ)とは?

2020年にHACCP(ハセップ)義務化になるのですが、HACCP(ハセップ)とは?と思っている方もいると思いますので簡単に説明いたします。

HACCP(ハセップ)とは
・HAZARD ANALYSIS(危害分析)とCRITICAL CONTROL POINTS(重要管理点)の略で、ハセップやハサップと言われてます。

このHACCP(ハセップ)は米国航空宇宙局(NASA)が、宇宙食の製造にあたって食品の安全性を高度に保証する衛生管理の方法として開発されました。

もともとはCODEXという規格で1962年にWHO(世界保健機関)とFAO(国連食糧農業機関)が合同で作り上げた国際的な機関のCODEX委員会が決めたものです。

このHACCP(ハセップ)が世界基準になるように『HACCPシステムとその適用のためのガイドライン』を策定しました。


『ソリューションウォーターについて』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A