次亜塩素酸水の新型コロナウイルスへの有効性について


6月26日独立行政法人 製品評価技術機構nite(ナイト)より発表がありました。

タイトルは、『新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について最終報告をとりまとめました。~物品への消毒に活用できます~』
今回の発表により、以下の内容が記載されております。

(2)次亜塩素酸水は、以下のものを有効と判断しました。
  ・次亜塩素酸水(電解型/非電解型)は有効塩素濃度35ppm以上
  ・ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムは有効塩素濃度100ppm以上

  なお、今回の検証結果を踏まえると、
  次亜塩素酸水の利用に当たっては以下の注意が必要であることが確認されました。
  ①汚れ(有機物:手垢、油脂等)をあらかじめ除去すること
  ②対象物に対して十分な量を使用すること

PHがアルカリ性の物と比べてものすごく薄い濃度で効果が出ておりますので、今後は漂白剤を薄めて使わなくてもよいですね。
今回の発表により、漂白剤とアルコールの消毒がほとんど必要とされなくなります。
使いやすさ、費用の面などから今後は次亜塩素酸水を感染の対策に使っていきましょう。
なお、今回の発表の中に空間噴霧の件は一切書かれておりません。
ニュースなどで非推奨などいろいろ書かれておりますが、そちらは【誤報】です。

新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について