なぜ冬は感染症が流行するのか? 冬の空気とウイルス感染の関係

東日本・西日本を中心にエルニーニョ現象の遠隔結合などによる暖冬が予想されるなか、11月も暖かく経過しましたが、それでも冬は感染症の流行が最も起こりやすい季節です。事実、今冬もすでにRSウイルス感染症やマイコプラズマ肺炎などの「呼吸器感染症」を中心に感染の報告数が増加しています。

今年は新型のノロウイルスの感染拡大が取り上げられてましたが、その他の感染症も対策が必要ですね。

◆日本の冬:太平洋側と日本海側の天候
12月上旬~1月下旬までの「旬ごとの相対湿度(%)」を平年値(1981~2010年の30年平均値)で見ると、東京は順に「59→55→53→52→54→51」といった具合に、徐々に乾燥が進行しています。

一方、同じ期間の新潟は「73→73→72→72→72→73」のように、ほぼ一定の高い値を維持しています(以上、気象庁の観測による)。ただし、このデータから「日本海側の冬は多湿なので」と話を進めるのは短絡的です。私たちの生活空間は、その多くが「暖房の効いた室内」であることを考慮する必要があります。
◆冬の室内には太平洋側も日本海側もない!
そこで、太平洋側と日本海側の冬の空気を「同じ条件」で比較してみましょう。例えば、外気を室内に引き入れて25℃に暖めたと仮定すると、それぞれの相対湿度(%)は、東京が順に「21→18→16→15→15→14」となります。

同じく新潟は「23→21→19→18→17→17」となって両者の違いはほとんどなくなり、ともに20%を下回る「非常に乾燥した空気に変質」します。つまり、「生活空間」については太平洋側も日本海側もなく、「冬を迎えれば一様に乾燥する」ことがわかります。

引用元:なぜ冬は感染症が流行するのか? 冬の空気とウイルス感染の関係

冬は乾燥すると予行効くと思うのですが、乾燥の原因として暖房があげられます。湿度自体は大きくは下がってないのですが、暖房を使うことで湿度が下がり感染しやすくなっています。
ですので建物の中こそ、空気感染、飛沫感染の対策をより行わないといけません。むしろ換気をすることで気温が下がるので換気も適度に行うことが重要なのです。
また、湿度低下による喉の気道粘膜の防御機能が低下により感染しやすくなってます。マスクをすることでその機能をあげることも可能ですので、外よりむしろ中でのマスクが重要なのです。


『ソリューションウォーターについて』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

ソフトバンク8人が胃腸炎で合宿所閉鎖

ソフトバンクは10日、西戸崎合宿所(福岡市東区)で生活する若手の8選手が「感染性胃腸炎」と診断され、感染の拡大防止のために同合宿所を11、12日の2日間閉鎖すると発表した。選手らは10日朝に腹痛や下痢の症状を訴え、同市内の病院で検査を受けた。

 球団が保健所に検査を依頼した結果、ノロウイルスなどは検出されず、食中毒でもなかったという。閉鎖期間は同合宿所で生活する選手は外出禁止とし、室内練習場の使用も停止する。球団広報は「毒性が強いものではなかったことが不幸中の幸いだった」と話した。同合宿所では若手のほか、優勝旅行に不参加の1軍選手らが練習していた。

引用元:ソフトバンク8人が胃腸炎で合宿所閉鎖

ノロウイルスではなかったみたいですが、集団での感染性胃腸炎というのは気になりますね。
胃腸炎であってもノロウイルスであっても行う感染対策は同じでよいと思ってます。
常に最上級の衛生管理を行うように心がけましょう!

※仕事上でノロウイルスであるかどうかの検査は必要なときがあります。ノロウイルスであるとわかったスタッフは必ず自宅待機で感染拡大を防ぎましょう。家庭内での感染性胃腸炎である場合はノロウイルスかどうかの検査は必要ないと思っております。安静にして消毒、加湿で感染拡大を防ぎ、早く体内の菌を排出、退治していくことが重要です。


『ソリューションウォーターについて』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

ノロウイルスだけじゃない!インフルエンザの症状で17人欠席で学級閉鎖~埼玉県~

新型のノロウイルスの発見と10月からの感染拡大により、

ノロウイルスに注目が集まっていますが、インフルエンザでの学級閉鎖も発生しています。

さいたま市岩槻区の同市立西原小学校4年の1クラスのうち17人が発熱を伴う

インフルエンザとみられる症状で欠席しました。

これを受けて、10日~12日までの三日間学級閉鎖にするとの発表がありました。

今季インフルエンザでの学級閉鎖は埼玉県で初めてで症状の重い児童はいないが、

17人以外にも5人が登校後に発熱を伴うインフルエンザとみられる症状を訴えています。

新型でノロウイルスに注目が集まっていますが、

それだけでなくインフルエンザにも注意が必要です。


『ソリューションウォーターでノロウイルス・インフルエンザ感染予防対策』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

ノロウイルス対策の勉強会

今年は10月からノロウイルスの感染が相次いでますね。

ノロウイルスの消毒には次亜塩素酸ナトリウムをするようにと言われてますが、

皆さんは塩素(次亜塩素酸ナトリウム)の特徴を知っていますか?

弊社では、ノロウイルス対策のために塩素の特徴をいるための勉強会を行っております。

感染対策で実際に行うのは現場の職員さんです。

現場のスタッフの衛生管理の意識を高め、塩素の特徴を知ることで、

ノロウイルスの対策をより理解でき感染リスクの少ない現場を作り上げる事ができます。

ノロウイルスの勉強会について気になることがあればいつでもご連絡ください。

ソリューションウォーターの使用について、ノロウイルス対策、インフルエンザ対策について、いつでもご相談ください。


『ソリューションウォーターでノロウイルス・インフルエンザ感染予防対策』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A


1 2