ソフトバンク8人が胃腸炎で合宿所閉鎖

ソフトバンクは10日、西戸崎合宿所(福岡市東区)で生活する若手の8選手が「感染性胃腸炎」と診断され、感染の拡大防止のために同合宿所を11、12日の2日間閉鎖すると発表した。選手らは10日朝に腹痛や下痢の症状を訴え、同市内の病院で検査を受けた。

 球団が保健所に検査を依頼した結果、ノロウイルスなどは検出されず、食中毒でもなかったという。閉鎖期間は同合宿所で生活する選手は外出禁止とし、室内練習場の使用も停止する。球団広報は「毒性が強いものではなかったことが不幸中の幸いだった」と話した。同合宿所では若手のほか、優勝旅行に不参加の1軍選手らが練習していた。

引用元:ソフトバンク8人が胃腸炎で合宿所閉鎖

ノロウイルスではなかったみたいですが、集団での感染性胃腸炎というのは気になりますね。
胃腸炎であってもノロウイルスであっても行う感染対策は同じでよいと思ってます。
常に最上級の衛生管理を行うように心がけましょう!

※仕事上でノロウイルスであるかどうかの検査は必要なときがあります。ノロウイルスであるとわかったスタッフは必ず自宅待機で感染拡大を防ぎましょう。家庭内での感染性胃腸炎である場合はノロウイルスかどうかの検査は必要ないと思っております。安静にして消毒、加湿で感染拡大を防ぎ、早く体内の菌を排出、退治していくことが重要です。


『ソリューションウォーターについて』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

ソリューションウォーター20リットル、10リットルの購入はこちらから


ソリューションウォーター購入