手洗いの方法


【手洗いの方法】

手洗いは感染予防の基本です。ノロウイルスは感染力が強くウイルスに触れた人の手を介して感染が拡大することが多いので、正しい手洗いの実施がノロウイルス、インフルエンザ等の感染予防の第一歩となります。
1.外出から帰宅したとき、2.トイレ使用後、3.吐物や糞便の処理後、4.調理や食事の前です。

・洗い残しのない正しい手洗いの手順
1.時計や指輪をはずします。

2.水で手を濡らします。

3.手洗い石鹸をつけます。

4.手のひらをよくこすります。

5.手の甲、指の間をこすります。

6.親指を念入りに洗います。

7.指先をこすります。

8.爪ブラシで指先を洗います。

9.手首を洗います。

10.水で十分洗います。

11.ペーパータオルで拭きます。

12.蛇口栓にペーパータオルをかぶせて締めます。

13.最後にソリューションウォーターで手指を消毒します。


『ソリューションウォーターでノロウイルス・インフルエンザ感染予防対策』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です