感染性胃腸炎、九州で感染拡大


ノロウイルス等の感染によって嘔吐や下痢といった症状を伴う感染性胃腸炎の患者数が、

宮崎を以外の九州の6件で前週を上回ったことが23日各県がまとめた患者報告で分かった。

特に宮崎県の一部では警報レベルを超えており、感染が拡大しています。

自治体では手洗い等の予防の徹底を呼びかけています。

感染性胃腸炎は、ほとんどがノロウイルスやロタウイルスなどが原因とされ、

ピーク時には定点医療機関当たり20人前後にまで増える年もある。

患者との接触に加え、嘔吐物や便を介して感染するため、予防には手洗いの励行や、

嘔吐物などの適切な処理が求められている。


『ソリューションウォーターでノロウイルス・インフルエンザ感染予防対策』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A


・ソリューションウォーターRは日通商事株式会社の商標登録です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です