インフルエンザ早くも流行…(札幌)


インフルエンザ早くも流行…札幌市の小・中学6校 あすから学級・学年閉鎖へ 今季初 感染拡大か

早くも流行が始まりました。札幌市の小・中学校でインフルエンザで欠席する児童らが増え、11日から6つの学校で学級閉鎖、または学年閉鎖となります。

 野呂有里記者:「札幌市内の学校でインフルエンザ流行がきました。家庭での予防が必要になります」

 札幌市教育委員会によりますと、札幌の小中学校では10日、インフルエンザとみられる症状で児童、生徒の欠席が相次ぎ、このうち桑園小学校では4年2組で38人のうち10人が休んでいます。

 教育委員会は2割以上の生徒が休んでいるクラスがある計6校で11日から3日間、学級閉鎖または学年閉鎖とすることを決めました。

 北海道では先週から札幌や旭川など14の保健所管内でインフルエンザの流行が確認されていて、保健所で注意を呼びかけています。

ニュースについてはこちらから
大阪、福岡に風疹対策強化を通知 ワクチン接種を


『ソリューションウォーターについて』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です