大阪、福岡に風疹対策強化を通知 ワクチン接種を


大阪、福岡に風疹対策強化を通知 ワクチン接種を

厚生労働省は10日、風疹(ふうしん)が流行する大阪、福岡の2府県に対し、対策を強化するよう7日付で通知したことを明らかにした。通知は、妊娠を希望する女性や妊婦の同居家族に免疫があるかを調べる「抗体検査」と、適切な「ワクチン接種」を推進するよう求める内容。すでに、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知の5都県に対しても出されている。

 国立感染症研究所によると、今年の全国の風疹患者数は2313人(11月25日現在)で、昨年の約25倍。東京都など首都圏を中心に流行が続いており、大阪府(99人)、福岡県(93人)でも患者数が増加している。

 患者の中心は、子供のころに公費によるワクチン接種の機会がなかった30~50代男性で、厚労省は同世代に対する重点的な対策を進める方針を示している。

ニュースについてはこちらから
大阪、福岡に風疹対策強化を通知 ワクチン接種を


『ソリューションウォーターについて』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です