学校給食調理員がノロウイルス感染 和歌山市


和歌山市は30日、学校給食第一共同調理場(同市弘西)の女性調理員がノロウイルスに感染したと発表した。同調理場は市内の4つの小学校と2つの幼稚園の約1300人分の給食を担当しているが、健康被害の報告はないという。

市教委保健給食管理課によると、28日にこの女性調理員が嘔吐するなど体調不良で早退。検査の結果、ノロウイルスに感染していることが分かったという。

28日には、トイレや更衣室などの塩素消毒を実施。29日以降、調理員や配送員すべてを入れ替えて給食を調理し、職員らのノロウイルスの検査を進めている。
以上、『yahooニュースより』


『ソリューションウォーターでノロウイルス・インフルエンザ感染予防対策』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です