熊本県の施設で感染70代以上の入所者ら男女54人


2月25日

熊本県宇城市の介護保険施設でノロウイウルスによる感染性胃腸炎が集団発生したと発表した。

症状がでたのは70歳以上の入所者の男女54人で、今のところ重傷者はいない。

健康危機管理課によると18日、入所者と職員に嘔吐や下痢等の症状が出ていると施設から宇城保健所に報告があった。

ノロウイルスは感染力が強いため、手洗いや食品の加熱、調理器具の洗浄・消毒の徹底を呼び掛けている。

※ノロウイルスの処理には塩素系(次亜塩素酸)をお使いください。ソリューションウォーターは弱酸性の次亜塩素酸です。
以上、『yahooニュースより』


『ソリューションウォーターでノロウイルス・インフルエンザ感染予防対策』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です