ムンプスウイルス


麻しんウイルスと同じパラミクソウイルス科に属するRNAウイルスで流行性耳下腺炎ウイルス(おたふくかぜ)とも言われている。

唾液による接触感染または飛沫感染を起こす。

男子の場合、ウイルス増殖の結果、睾丸萎縮になる場合もある。

時にムンプス髄膜炎を起こすが、細菌性髄膜炎に比べ、予後はよい。

ワクチンによる髄膜炎の頻発があり、使用を中止している。

欧米ではMMRワクチンが普及していますが、使用されているムンプスワクチン株は髄膜炎を起こしにくい優れもののようです。

弱毒性ワクチンの開発は難しいもののようです。


『ソリューションウォーターでノロウイルス・インフルエンザ感染予防対策』
ソリューションウォーターについて

ノロウイルスについて

感染予防について

手洗いの方法

ノロウイルスQ&A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です