ネコカリシウイルス


FCVは猫のかかる代表的な呼吸器感染症一つです。初期には高熱やくしゃみ、鼻水やよだれを垂らす、食欲減退などの症状を起こします。
ウイルスの感染力は強く、感染したネコと直接触れ合ったことによる感染、感染したネコのくしゃみ等による空気感染、感染したネコと人間との接触を介しての感染など多岐にわたります。

ネコカリシウイルスはカプシドのみで形成される単純な構造のウイルスで、ノロウイルスとよく似た性質をもつため、ノロウイルスの代替えウイルスとして実験に用いられることもあります。
※似てはいますが全く同じものではございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です