インフルエンザの感染


感染してウイルスが体内に入ってから、2日 – 3日後に発症することが多いが、潜伏期は10日間に及ぶことがあります。子どもは大人よりずっと感染を起こしやすいく、ウイルスを排出するのは、症状が出る少し前から、感染後2週間後までの期間となります。
 
インフルエンザは、主に次の3つのルートで感染します。
1.感染者の粘液が、他人の目や鼻や口から直接に入る場合。
2.感染者の咳、くしゃみ、つば吐き出しなどにより発生した飛沫を吸い込む場合。
3.ウイルスが付着した物や、握手のような直接的な接触により、手を通じ口からウイルスが侵入する場合。
 
空気感染において、人が吸い込む飛沫の直径は0.5から5マイクロメートルですが、たった1個の飛沫でも感染することがあります。
1回のくしゃみにより40000個の飛沫が発生しますが、多くの飛沫は大きいので、空気中から速やかに取り除かれます。
飛沫中のウイルスが感染力を保つ期間は、湿度と紫外線強度により変化します。冬では、湿度が低く日光が弱いので、この期間は長くなります。

空間除菌や手指消毒をきちっと行うことで格段に予防効果が上がります。またそういった予防にもソリューションウォーターは適しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です